次は、Classic Editorプラグインのインストールをします。

Classic Editorプラグインとは

Classic Editorプラグインとは、WordPress投稿画面を旧画面に戻すプラグインです。

Classic Editorプラグインのインストール 作業手順

ワードプレスの管理画面を開きます。

左側の「プラグイン」を押します。

左上の「新規追加」を押します。

右上に「プラグインの検索」というところがあります。

そこに「Classic Editor」といれて検索します。

Classic Editorのところの「今すぐインストール」を押します。

「有効化」を押します。

Classic Editorプラグインのインストールが完了しました。

講座1の関連記事
  • 私がビジネスで絶対ゆずれない部分
  • カテゴリー設定 未分類を変更
  • ワードプレスキーワード
  • 時間の使い方のコツ
  • キーワードのコツ
  • 文字の先頭にタグをつける
おすすめの記事
講座1
作業目安時間3分 次は、パーマリンク設定をします。 パーマリンク設定 作業手順 ワードプレスの管理画面を開きます。 左下の「設定」を押します...
講座1
見出しの下に画像を入れていきます。 目次1 画像サイト紹介2 Pixabayで画像のダウンロード手順 動画3 Pixabayで画像のダウンロ...
講座1
キーワード検索のやり方の説明をします。 目次1 キーワード検索やり方 動画2 goodkeyword使い方3 キーワード選びの注意事項4 キ...